• HOME
  • クリニック紹介
  • 診療時間
  • マップ
  • お問い合わせ

診療時間 アクセスについて

竹内歯科クリニックってどんな歯医者?

ホーム > 予防歯科・歯周病

予防歯科・歯周病

予防歯科について

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。
しかし虫歯になってから歯を失ってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。そのため最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。
治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。
世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。 他の 先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。先進国ではこのように歯科に対する関心が高いのに対し、日本では驚くことに、10%以下の定期 検診受診率です。
これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然といえます。
 

歯周病治療について

「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきから膿・血が出る」 「歯が動く」「口臭がする」 などの症状は、歯周病の可能性があります。 まずは検査、そして歯周病の治療をしましょう。
歯の二大疾患は虫歯と歯周病です。

高齢者の方が歯を失い、義歯(入れ歯)が必要になるのも主に歯周病によって歯を失ってしまうことが原因です。
日頃から歯周病予防を心がけ、治療することにより一生自分の歯で食事をとることが可能になります。

 
歯周病の治療について

まず、綿密な診査を行って、歯周病の実態をつかみ、原因を明確に除去していく「原因除去療法」が基本です。プラーク(歯垢)の付着状態、ポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、歯の動揺、歯肉の炎症状態、咬合状態を診査します。それをもとに診査結果、処置内容を具体的にお話し治療を開始します。それでは、具体的な治療の進め方を次に示します。

 

歯周病の治療の進め方

1.プラークコントロール

プラーク(歯垢)除去の大切さをお話し、患者さんのプラークコントロールの現状や、口腔内の状況を把握して頂きます。
その後、患者さんに合ったプラークコントロール法を指導します。
 

2.スケーリング

歯肉縁上の歯石を除去します。
 

3.歯周外科手術

これまでの治療で治りきらなかった部位に対し必要な場合は外科手術を行います。目で確かめられるよう、歯肉を切って歯槽骨からはがし、こびりついて取れなかった歯石を徹底的に取り除きます。
 

4.メンテナンス

歯周病は治療が終わってからが肝心です。せっかく、健康な口腔内を取り戻したのですから、この状態を維持していくことが大切です。毎日のブラッシングと規則正しい生活、歯科医院による定期検診が必要です。お口の健康をいつまでも保ちましょう。