• HOME
  • クリニック紹介
  • 診療時間
  • マップ
  • お問い合わせ

診療時間 アクセスについて

竹内歯科クリニックってどんな歯医者?

ホーム > 小児歯科

小児歯科

子供の為の予防には

虫歯になる人生か、虫歯にならない人生かは、実は1才半~3才の間に決まります。
それはミュータンス菌と言われる虫歯菌がお口の中に感染するのが、1才半~3才だからです。
では、どこから感染してしまうかというと、それはご家族の方から感染してしまうのです。
ですので、お子様の歯の予防を始める前に両親の歯のケアをした方が、結果的にお子様の歯を守れます。「最近、歯のチェックしてない」という方は今すぐ、チェックすることをお薦めします、子供の時に3才までに虫歯ゼロ、良いかみ合わせ、定期的な予防習慣を身につけることが大切です。
「虫歯になっていなくても歯医者さんに連れて行くの?」と思う親ごさんもいらっしゃるかもしれませんが、小さいころから歯医者さんに行く習慣を付けることは歯医者嫌いにならないため、事前にトラブルを防ぐためにもとても大切なことなのです。

お子様の治療について

小児の治療は、 基本的に虫歯になる前の予防に 重点をおいています。
  • 奥歯の溝
  • 歯と歯の間
  • 歯と歯ぐきの境目
そのうち奥歯の溝にできる虫歯を予防する方法のひとつに「シーラント」があります。
シーラントは、歯の溝をよく掃除したあと、プラスティックの一種を流し込み、その部分をコーティングすることで、歯垢の付着を妨ぐことを目的としています。
乳歯にも永久歯にも使用することができます。ただ、すでに虫歯になっている歯のうち、深い虫歯にはできません。

また残念なことに、1~2年経つと部分的とれてしまうこともありますので、定期的な検診で異常がないか確認したほうがよいでしょう。
費用は保険が適用されます。生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法が有効です。
 

フッ素塗布

フッ素を歯に作用させると表面から取り込まれ、エナメル質の成分と入れ替わり安定した結晶構造へと作りかわります。このことにより歯の表面は、虫歯菌の出す酸に解けにくい強い歯にかわるのです。さらに虫歯は治らないとされていますが、初期の虫歯は再度カルシウムなどが沈着することにより、元に戻ることがあります。
フッ素は、虫歯で溶けた表面の再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。また、フッ素自身が虫歯菌に対して抗菌力があるため虫歯の活動も抑制します。
当院ではリンゴ味のフッ素を綿球や歯ブラシで刷り込んでいます。これを一週間に一度で三回ほど行い、4か月ごとの検診をおこなっています。
 

歯磨き指導

子供が上手に自分で汚れを落とせるようになるのは、小学四年生ぐらいになってからです。
それまでは、お母さんの仕上げ磨きが必要です。
出来れば、朝・晩2回。
少なくとも寝る前1回は丁寧に磨いてあげましょう!
スタッフが丁寧に指導しますので、わからないことがあればなんでも聞いてください。

歯を虫歯にさせないためには正しい歯磨きの方法とプラークコントロール(歯垢清掃)が重要です。
強い力でみがくと歯垢がよく除去できると思っている人がいますが、これはまったく逆効果です。
強い力で縦・横にみがくと毛先が倒れてしまい歯面に毛先がよく当たらず、歯垢がうまく除去できません。
それどころか歯肉やし歯頸部を傷つける原因にもなります。
いくら上手に歯みがきしても、歯垢の付きやすいところはみがき残しがあります。

1回の歯磨きに5~10分かけて磨きましょう

前歯の表側と裏側、奥歯の表側と裏側、奥歯の上部…と、歯を1本1本磨いていくと、最低でも10分程はかかります。なるべく時間をかけて丁寧に磨くよう心掛けましょう。