• HOME
  • クリニック紹介
  • 診療時間
  • マップ
  • お問い合わせ

診療時間 アクセスについて

竹内歯科クリニックってどんな歯医者?

ホーム > むし歯治療

むし歯治療

むし歯の原因とは?

虫歯の原因は 口の中にいる細菌です。

そして、その細菌をそのまま放置しておくと、虫歯はどんどん悪化していきます。歯周病と同様に、虫歯も細菌の感染が原因ですが、それぞれ別の原因菌が存在します。
代表的な虫歯の原因菌は、通称Sミュータンスやミュータンス菌と呼ばれています。
では、実際にどのような過程を経て、虫歯を作っていくのでしょうか 。

 

虫歯のプロセス

虫歯の原因となる細菌達はどのようにして人体でもっとも硬い組織といわれるエナメル質を崩壊させてしまうのでしょうか?この内容をこと細かく記載しますと、それだけで本が一冊書けるほどのボリュームになってしまいますので、大まかなプロセスだけを分かりやすくお伝えしたいと思います。
 

1.感染

歯の表面に細菌が付着します。細菌は倍々方式で数を増やしていき、歯磨きなどの機械的清掃を行わない限り除去できません。
 

2.糖を分解

細菌は酵素使って、食べ物などによって取り込まれた糖(ショ糖)を分解します。
 

3.酸を産生し不溶性グルカンを形成します

分解された糖分は様々な代謝を経ていきながら、細菌が分泌する酵素の力を借りて酸と不溶性グルカンを形成します。細菌は自ら産生した酸と不溶性グルカンを温床として、さらにその数を増していきます。
 

4.エナメル質を脱灰

産生された酸は、エナメル質表面のCa(カルシウム成分)を奪い取っていきます。
これを脱灰と言い、虫歯の第一歩となります。さらに、酸を内側に閉じ込めるようにその上を新しく作った不溶性グルカンで取り囲みます。
 

5.実質欠損

イオンが抜けるだけではなく、エナメル質そのものを崩壊することになります。
いったんエナメル質に欠損をきたしますと自然治癒しません。
細菌のほとんどは歯の表面に付着したのち、糖分と接触した時点で瞬時に酸を産生すると思っていただいて結構です。つまり、食後やおやつの余韻を楽しんだ後はできるだけ早めに歯を磨くことが虫歯の予防につながるということです。
 

針中野駅から徒歩2分にある当院では、保険治療を中心に、できるだけ歯を残し、痛くない治療を行っております。
80歳で20本の歯を残すために、歯を失う原因で最も多い、歯周病の治療・予防にも力を入れております。

小さなお子さまの虫歯治療から、高齢者の方の入れ歯、インプラント治療まで幅広い症状に対応しています。
歯の健康や、実りある食生活は幸せな人生において欠かせないものだと考えています。
そのために最も大切なことは早期発見・早期治療です。
お口のお悩み・歯のお悩みに関しては、定期的に歯科医院でチェックすることが重要です。

気になるところがある方や、もちろん気になるところが特にない方も一度、健診にご来院ください。
しっかりご相談をお受け致します。

院長 竹内